【5日め】Good things take Time と ピカソのエピソード

Good things take Time の 意味

”Good things take Time

直訳ぽくなっちゃうけれど

”良いものには、それ相応の時間がかかる”

ということ。

自分の理想までは、たくさん時間がかかるということ

わたしは、
絵を描き始めたのは社会人になってからで、
絵を子どもの頃から描き続けている方々や
ほかのイラストレーターさんたちよりも
描いてきた時間も大きく違っていて、
だいぶチカラの差があることをいつも感じる。


自分の思うように描けない
人に求められるようなものは自分に描けない

自分が表現者でいる必要はないんじゃないか?

なんて、思うことが
本当にしょっちゅうだけど…
(しょっちゅう凹む人(笑))

いい表現力を身につけるなら、
それなりの学びの時間が必要で

いい表現者になりたいなら、
それなりの時間がかかるということ。

遅れたスタートの分
nanaには、たくさんたくさん努力が必要。

自分の思い描く世界を表現するには、
どこまで頑張っても遠い気がするけれど
できるかぎり、がんばり続けよう。

生きてる間に、表現したいな(笑)


自分の理想までは、
”時間がかかること”だから
焦らなくて、いい。
諦めること、ない。

なので
”Good things take Time
を、忘れずに居ようね、って、こと!

ピカソのエピソード

”Good things take Time
の言葉で思い出した
ピカソさんのエピソード。

「この紙に絵を描いてくれませんか?」

と、お願いしてきた女性に
30秒ほどで美しい絵を描いて
紙を手渡すと

「この絵の価格は、100万ドルです」

と、ピカソは言いました。
女性は驚きました。

「たったの 30秒 しか、かかっていないに?」

ピカソは笑って応えました。

「30年と30秒ですよ」

そういうことなんだね!

タイトルとURLをコピーしました